2012年07月03日

グリーンカード保持者と結婚した場合

留学生がグリーンカード保持者と結婚した場合は2007年2月の移民ビザ割り当ては2002年3月22日となっていて移民ビザは直ぐに得られません。
永住者への変更は出来ません。ペティションのみの提出になります。

ペティションの提出により永住の意思を示したと考えられるので留学生の転校申請、滞在期間の延長申請、労働許可の申請は出来なくなります。
I-94に滞在期間の変わりにD/Sと書いてある場合はその学校にフルタイムで出席している限り問題はないでしょう。
posted by 個人輸入 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2012年03月11日

アメリカ人と結婚した場合

留学生がアメリカ人と結婚した場合は移民ビザは直ぐに得られるので永住者への変更を申請できます。この申請をした時は留学生の身分は終了したと考えられます。

アメリカに入国してから60日以内に結婚をすれば移民局はビザを偽って入国したと疑ってきます。
移民局は婚姻の大半はグリーンカード目当ての婚姻と見ています。

# アメリカ市民と結婚した場合には移民ビザが直ちに得られます。
#
# I−130移民ビザ請願書 I−485 アジャストの申請書を同時に提出します。
# I−485を提出するとペンディングの身分になるために学校へ行く義務はなくなります。
# 労働許可を貰えばフルタイムでの労働が可能です。
# アジャストが認められる前に許可なくアメリカから出国すればアジャストは不許可になり日本で永住ビザを取ってから入国する必要があります。
# アジャストが許可された通知が来るとアメリカ永住者となります。
# 2年間有効の条件付グリーンカードが後で郵送されます。
posted by 個人輸入 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2011年06月11日

結婚によるグリーンカード

アメリカ市民と結婚すればグリーンカードが入手できます。
学生ビザでアメリカの大学に通っている内にアメリカ市民と
知り合って結婚する人もいます。
2年くらい通学していれば友達になるチャンスはあります。
日本人は理工系特に数学でアメリカ人の学生より成績が良いので
他の学生に教えることが可能です。
アメリカ人の得意な英語を教えて貰っても良いでしょう。
大学の行事などに出たり、ドラマなどのラボのある授業を取っても良いでしょう。

デートの相手を紹介するデーティング・サービスを利用するのも良いでしょう。
デーティング・サービスはイントロダクション・サービスとも呼ばれます。
日本の結婚相談所と違ってデートの相手を探すサービスです。
全米の主要都市にああります。
コンピューターで年齢、職業などの色々な希望条件にあった
相手を探して紹介します。
心理学のドクターが経営していることが多いです。

アメリカに入国して3ヶ月くらいで結婚すればアメリカ移民局は
フィアンセ・ビザを取るべきところを偽って学生ビザを申請したと
疑います。

又、移民局はアメリカ市民との結婚の大半はグリーンカード目当ての結婚と考えています。
そのため偽装結婚防止法を制定して2年以内に離婚した場合は永住権を取り上げる制度に変更しました。
posted by 個人輸入 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2011年06月09日

誰でも取れるグリーンカード

グリーンカードの取得方法は色々あります。

抽選による方法、結婚による方法、就職による方法、
親族に申請して貰う方法、宗教による方法、
芸術・スポーツによる方法など色々なカテゴリーがあります。
その人によって申請の方法は違いがあります。
取得に必要な時間も長短があります。
移民法上、刑法上の問題などがなければ誰でも取得可能です。
全ての取得方法を掲載して行きますので最適の方法を選んでグリーカードを取得してみてください。
コメントして頂ければそれを優先して掲載していきます。
posted by 個人輸入 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

ビザ免除プログラム

2006年10月26日よりビザ免除プログラムに変更があります。
持っているパスポートによってはB1/B2ビザが必要です。

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-epassports.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic.html
posted by 個人輸入 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年03月03日

2007年3月の移民ビザ割り当て

家族ビザ
第1 2001年5月01日 アメリカ市民の未婚の息子と娘
第2A 2002年3月22日 永住者の配偶者と子供
第2B 1997年7月01日 永住者の未婚の息子と娘(21歳以上)
第3 1999年3月01日 アメリカ市民の既婚の息子と娘
第4 1996年3月22日 大人のアメリカ市民の兄弟姉妹

雇用ビザ
第1優先 全てに割り当てあり
第2優先 全てに割り当てあり
第3優先 2002年8月1日
スケジュールA 割り当てなし
その他の労働者 2001年10月1日
第4優先 全てに割り当てあり
第5優先 全てに割り当てあり

中国本土、インド、メキシコ、フィリピン以外で生まれた人のプライオリティーデートです。この日以前にペティションを提出していればビザの割り当てがあります。
posted by 個人輸入 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年02月11日

ビザ免除試験プログラム(VWPP)

ビザ免除プログラムの適用される国は次の国です。

Andorra, Australia, Austria, Belgium, Brunei, Denmark,
Finland, France, Germany, Iceland, Ireland, Italy,
Japan, Liechtenstein, Luxembourg, Monaco, the Netherlands,
New Zealand, Norway, Portugal, San Marino, Singapore,
Slovenia, Spain, Sweden, Switzerland,
and the United Kingdom.

VISA WAIVER PROGRAM


輸送会社は下記の項目に同意しています。

(A) 入国を拒否された外国人の搬送にかかる費用の補償

(B)ビザ免除にかかわる書類を毎日移民官に提出する

(C) パスポートを持たない外国人を搬送した場合罰金を科せられる

(D)乗客の情報を収集し、提出し、共有する

司法長官は5日間の事前通告によりこの同意を終了できます。

Act 217(d)

posted by 個人輸入 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年02月04日

グリーンカード大幅値上げ

移民局は2007年2月1日のFederal Register, Vol. 72, No. 21で申請料金を平均174ドル引き上げると発表しました。

この変更に対するコメントを2007年4月2日まで受け付けています。
コメントはDHS Docket No. USCIS-2006-0044と明記して下記の方法で行ないます。

Eメール:あて先 OSComments@dhs.gov
メールの題名に DHS Docket No. USCIS-2006-0044 を含める
ファクシミリ:Federal eRulemaking portal 番号 866-466-5370
郵便:
Director, Regulatory Management Division,
U.S. Citizenship and Immigration Services,
Department of Homeland Security,
111 Massachusetts Avenue, NW., 3rd Floor,
Washington, DC 20529

この住所には文書、ディスク、CD-ROMでの送付が可能です。

持参・宅配便による送付は
Regulatory Management Division,
U.S. Citizenship and Immigration Services,
Department of Homeland Security,
111 Massachusetts Avenue, NW., 3rd Floor, Washington, DC
20529. Contact Telephone Number (202) 272-8377.

詳細は
Paul Schlesinger, Chief, Office of Budget,
U.S. Citizenship and Immigration Services,
Department of Homeland Security,
20 Massachusetts Avenue, NW., Suite 4052,
Washington, DC 20529, telephone (202) 272-1930.

posted by 個人輸入 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年02月03日

移民関連の申請料金大幅値上げ

アメリカ政府の値上げはビザ、グリーンカード、帰化申請を含む全ての料金が値上げされるようです。

詳細はFederal Register
http://www.access.gpo.gov/su_docs/fedreg/frcont07.html

のMonday, February 5, 2007に発表される予定。
posted by 個人輸入 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年01月29日

メキシコから通学するアメリカ留学

カリフォルニア州サンディエゴとメキシコのティワナは距離が近いです。
ティワナにアパートを借りてサンディエゴの大学に通学すれば生活費が安く上がりそうです。
学生ビザでメキシコを訪問する時にはパスポートとI-94に有効なI-20を学校から発行して貰うとメキシコはビザが不要ですので短期間の訪問は可能です。
毎日の入出国を移民局が許すかどうか。
色々、情報を調べて見ます。
知っている情報がありましたらコメントをお願いします。
posted by 個人輸入 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年01月28日

非移民ビザ予約システム

アメリカ大使館、領事館での非移民ビザ予約システムが2007年3月1日より変更になります。
詳細が判明するまで非移民ビザの予約を受け付けていません。

2007年2月28日までは予約を受け付けていますので予約の必要な方はお早め予約をしてください。
posted by 個人輸入 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

I-130請願書の受付け中止

Adam Walsh Child Protection and Safety Actにより
アメリカ大使館でのI-130請願書の受付けはできなくなりました。

Adam Walshとは25年前の1981年7月27日に6歳で誘拐され、殺害された事件から命名されている。
ブッシュ大統領は25年目の2006年7月27日に、Adam Walsh Child Protection and Safety Act of 2006へサインをして承認した。

この法律により全てのI-130請願者はAdam Walsh Child Protection and Safety Act of 2006に違反していないかをチェックされます。
領事館はこの犯罪情報へのアクセスが出来ないためI-130請願書の処理が出来ません。
犯罪情報へのアクセスの権限を持っている、管轄USCISへI-130請願書の提出することになります。

グリーンカードの入手に必要な時間が余分にかかりますね。
移民局の職員の数を増やさないと負担が大きくなって処理が遅れますね。

プリティーピンクジャパン
posted by 個人輸入 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年01月14日

2007年2月の移民ビザ割り当て

家族ビザ
第1 2001年5月01日 アメリカ市民の未婚の息子と娘(9日前進)
第2A 2002年3月22日 永住者の配偶者と子供(7日前進)
第2B 1997年5月15日 永住者の未婚の息子と娘(21歳以上)(1ヶ月と7日前進)
第3 1999年2月01日 アメリカ市民の既婚の息子と娘(1ヶ月前進)
第4 1996年2月15日 大人のアメリカ市民の兄弟姉妹(1ヶ月と7日前進)

雇用ビザ
第1優先 全てに割り当てあり
第2優先 全てに割り当てあり
第3優先 2002年8月1日(1月と同じ)
スケジュールA 割り当てなし
その他の労働者 2001年10月1日(1月と同じ)
第4優先 全てに割り当てあり
第5優先 全てに割り当てあり

中国本土、インド、メキシコ、フィリピン以外で生まれた人のプライオリティーデートです。この日以前にペティションを提出していればビザの割り当てがあります。
posted by 個人輸入 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ

2007年01月12日

2007年1月の移民ビザ割り当て

家族ビザ
第1 2001年4月22日 アメリカ市民の未婚の息子と娘(12月と同じ)
第2A 2002年3月15日 永住者の配偶者と子供(14日前進)
第2B 1997年4月08日 永住者の未婚の息子と娘(21歳以上)(1ヶ月前進)
第3 1999年1月01日 アメリカ市民の既婚の息子と娘(24日前進)
第4 1996年1月08日 大人のアメリカ市民の兄弟姉妹(1ヶ月前進)

雇用ビザ
第1優先 全てに割り当てあり
第2優先 全てに割り当てあり
第3優先 2002年8月1日(12月と同じ)
スケジュールA 2004年6月15日
その他の労働者 2001年10月1日(12月と同じ)
第4優先 全てに割り当てあり
第5優先 全てに割り当てあり

中国本土、インド、メキシコ、フィリピン以外で生まれた人のプライオリティーデートです。この日以前にペティションを提出していればビザの割り当てがあります。
posted by 個人輸入 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ